電子機器の受託開発承ります。

開発事例
三菱重工様放射線がん治療機
 装置概要
  がん細胞に放射線を照射することによりがん細胞を死滅させる装置です。
  正常細胞にもダメージがあるのでがん細胞だけに放射線を照射する必要があります。
  マルチリーフコリメータが放射線を照射する開口部です。
  この開口部の形状をがんの形状に制御することにより、がん細胞だけに照射される仕組みです。

 当社が受託した範囲
  がん治療機に内蔵されるマルチリーフコリメータ制御ユニットの開発から量産供給まで対応しています。

 当社をご採用頂いた理由
  80台のサーボモーターを駆動する為のドライバーの容積が大きいので、小型化することが課題でした。
  サーボモーターのドライバーは論理的な制御部分とパワー部分で構成されています。
  パワー部分は工夫のしようがないのですが論理的な制御部分は当社の得意技術であるFPGAに
  機能集約を図り小型化を実現しました。

 マルチリーフコリメータ制御ユニット説明
  構成
   FPGA(NIOS組込み)とモータードライバIC
  動作
   マルチリーフコリメータは上下各40枚のタングステンの板で構成されています。
   各々の板はサーボモーターにより上下に移動させることが出来ます。
   上位からマルチリーフコリメータの形状データが送られてきます。
   このデータの形状になるように80台のサーボモーターを動作させます。

img
三菱重工業様 放射治療装置[MHI-TM2000]マルチリーフコリメータ

 

ページの一番上に移動する